カテゴリから探す

ハッピーナッツデイのピーナッツバターのとっておきの楽しみ方シリーズ第2弾。今回は日頃からハッピーナッツデイをご愛食いただいているこの方。アパレルやギャラリーなど様々なブランドのディレクターとして活躍しながら、プロ顔負けのお料理の腕前をお持ちの福田春美さんに伺いました。

福田さん:ハッピーナッツデイのピーナッツバターを「同割り」※という自家製調味料で割って、小松菜やほうれん草、菜の花やインゲンなどの旬の青野菜をつかった和え物をよく作ります。

菜の花和えB

菜の花のハッピーナッツディ和え】

材料:
ハッピーナッツデイ ピーナッツバター 大さじ1
同割り 大さじ1/2
菜の花(お好きな青菜でOK)

作り方:
ピーナッツバターと同割りを混ぜて和え衣を作る。
菜の花はさっと軽く茹で、冷水にさらしてからしっかりと水切りする。
和え衣と菜の花を合えて完成!お好みでお酢やごま油などを足しても美味しく出来ます。

その他にも福田さんは、こちらの和え衣をお餅に合えたり、お酢やごま油を足してドレッシングにするのもおススメとのこと!また、麺もののコクを出す為にちょっと加えたり、シンプルにピーナッツバターをそのままホットミルクに溶いて飲む、という楽しみ方も教えて下さりました。どれもすぐにトライできる簡単な活用方法、ぜひ皆様もお試しください。

 

※「同割り」とは、同量のお酒とみりんを火にかけてフランベしてアルコールを飛ばし、そこに同量のお醤油を入れて一煮立ちさせたもの。煮沸殺菌した容器に入れれば常温で数ヶ月保存できます。この同割りにお出汁を入れれば立派な万能つゆができたり、様々な和食料理のベースとして使える、覚えておくと何かと重宝する和食の基本です。

福田春美

ブランディングディレクター

ライフスタイルストア「コルテラルゴ」や香りと洗剤のブランド「a day」,神宮前のギャラリーショップ「EDIT LIFE」などを手掛けている。他にも地方プロジェクトや大手企業とのブランド開発や商品開発など…
editlife.jp

ギフトセレクションギフトセレクション


ギフトセレクション

カテゴリから探す




0
page top