※夜開催※ 料理研究家・口尾麻美さんによる「リトアニアの食卓・コミュニティディナー」

¥5,000 (税込)

解除
商品コード: N/A

商品説明

バルト3国のひとつ、リトアニア。バルト海の東側に位置し、国土が北海道の8割ほどの小さな国であるリトアニアは、森や湖に囲まれた自然が豊かな場所であることから「森と湖の国」として知られています。

そんな環境で暮らすリトアニアの人々は、身近にある自然と共に生きており、日常的に使う道具は工業製品よりも竹かごや上質なリネン、ウールなど自然由来のものが好まれています。そして暮らしだけでなく、その食文化もまた、自然とともにあります。短い夏にはサマーハウスで野菜やハーブを育てたり、森でキノコ狩りをしたり、ベリーを摘んだり。日本と同様に四季があり、季節ごとの旬の食材を、素材の味をいかすためにシンプルに仕上げるリトアニア料理は日本人にも親しみやすい味わいです。

そんなリトアニアの人々の自然を楽しみ、大切にする姿勢には、私たちの暮らしを豊かにするヒントがたくさんあるはず。そこで、今回は旅しながら世界の食文化を研究する料理研究家の口尾麻美さんを講師にお迎えして、リトアニアのお話をお聞きしながらリトアニアの家庭料理をお召し上がり頂くコミュニティディナーを開催します。
手づくりの家庭料理ならではのおいしさを感じ、リトアニアにまつわる歴史や食文化について学ぶことで、暮らしのヒントを探していただける内容となっています。

伝統的なリトアニアのクリスマスは、クーチョスと呼ばれる12種類の料理が食卓に並びます。日本でいう”おせち料理”のようなものですが、リトアニアでは普段よく口にする肉や乳製品を断ち、厳粛にクリスマスを迎えます。今回は、そんなリトアニアのクリスマス料理に加え、リトアニアの家庭料理の定番などのパーティにもぴったりなメニューをご用意。素朴で温かいリトアニアの冬の食卓をお楽しみください。

手づくりのリトアニア料理を通して世界の食文化や食習慣に触れ、万国共通の家庭料理のあたたかさを感じてもらえたら。そんな口尾さんのホリデーシーズン限定のワークショップ、ぜひこの機会にご参加ください。事前予約制となりますので、ご希望の方は事前にチケットのご購入をお願いいたします。みなさまのご予約をお待ちしております!

▼メニュー
リトアニアの食前酒 または キシェリウス(クランベリーでつくるクリスマスの飲み物)
コッテージチーズ
黒パン
ビーツと豆のサラダ
ツェッペリナイ
スープ
クチュケイ(ポピーシードのビスケット)
ハーブティー または どんぐりコーヒー

※材料の調達により内容が変更になる可能性もございます。ご了承くださいませ。

〈リトアニアの食卓・コミュニティディナー〉
日程:2019年12月7日(土曜日)18:00~21:00
定員:8名・先着順
参加費:5000円(税込み・食事付き)

※チケットを同時に複数枚ご購入される際、参加者全員のお名前を備考欄にご記入ください。また、スペースの関係上、お子様とご一緒にご参加される場合も備考欄へのご記入をお願いいたします。

※お申し込み後のお客様都合によるキャンセルの場合、原則としてご返金は承っておりませんので、何卒ご了承ください。
※こちらのページはワークショップご予約ページとなります。チケット購入後(store@foodandcompany.co.jp)から商品発送メールが届きますますが、WEBチケットの為実際の発送はございません。ワークショップ当日、店頭にてスタッフにお声掛けください。

口尾麻美 料理研究家/フォトエッセイスト

旅で出会った食材や道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。
異国の家庭料理やストリートフード、食文化に魅せられ写真に収めている。
旅をテーマにした料理は書籍、雑誌、イベント、主宰する料理教室で発信。
旅先でみつけたキッチン道具を収集している。
著書に『旅するリトアニア』グラフィック社、『トルコのパンと粉ものとスープ』
誠文堂新光社 他。
https://www.facebook.com/asami.kuchio

追加情報

チケット

12月7日(土)18:00~21:00

イベント詳細

開催日時: 7 12月 2019

開始時間: 18:00

終了予定時間: 21:00

場所: FOOD&COMPANY

連絡先(電話番号): 03-6303-4216

連絡先(Eメール): store@foodandcompany.co.jp

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。