商品説明

切った野菜100g〜200gに本品1袋(10g)をまぜ、30分〜1時間ほどで食べられます。1日置くと乳酸醗酵が進み、食べごろは3日ぐらいまで。一般的には甘みには砂糖や甘味料、旨味には化学調味料や酵母エキスなどが使用されていますが、「海の精 浅漬けのもと」は砂糖や食品添加物を使用せず、食材そのものが甘みと旨味を醸し出します。
伝統海塩「海の精」を使用し、豊富に含まれるマグネシウムが微生物の醗酵を助けて旨味を引き出し、カルシウムが細胞膜をくずれにくくしてシャキシャキした歯ざわりを保ちます。
北海道産の利尻昆布・羅臼昆布と国産のしいたけで作った自社製だし、もち米と米こうじ、そしてみりん用に作られた米焼酎のみで作った純米みりん、米からこだわって作った純米料理酒を使用しています。旨味の素であるアミノ酸の含有量が通常の3〜4倍です。
選び抜かれた16種類の乳酸菌をひとまとめにし、豆乳に培養して1年熟成させた乳酸醗酵液を使用しています。この醗酵液を加えることで、乳酸菌が増えやすくなります。

〈おいしい浅漬けの作り方〉
野菜はよく洗って水気をきり、100g〜200gをボールやポリ袋などの容器に入れ、1袋(10g)と混ぜ合わせます。
30分〜1時間ほど置いて、野菜がしんなりしたら食べられます。
※春はキャベツや茹でたアスパラガス、夏はキュウリやプチトマト、秋はにんじんや茹でたきのこ、冬はかぶや白菜がオススメです。

原材料
塩(海の精、あらしお・伊豆大島産)、純米みりん、純米酒、昆布(利尻昆布、羅臼昆布・北海道産)、乳酸醗酵液、乾しいたけ(国内産)
内容量
100g(10g×10包)
メーカー/ブランド名
海の精
原産国
日本

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。